Journal of Computer Chemistry, Japan
Online ISSN : 1347-3824
Print ISSN : 1347-1767
ISSN-L : 1347-1767
研究論文
Microsoft Excelを用いた分子軌道の描画の実習(2)
- イオン性,分極関数,貫入 -
長岡 伸一寺前 裕之長嶋 雲兵
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 9 巻 5 号 p. 241-248

詳細
抄録

大学での教育においてMicrosoft Excelを用いた水素化リチウム (LiH) の分子軌道に対するイオン性の影響と水素分子イオン (H2+) の分子軌道に対する分極関数の効果を描画する実習を行った.また,前報[J. Comput. Chem. Jpn., 9, 177 (2010)]で発表した実習に貫入に関する原子軌道の動径分布関数の描画を追加した.限られた時間といろいろな制約の下で分子軌道法を理解させる教育効果を上げるにはExcelを用いる実習が極めて有効であることがわかった.

著者関連情報
© 2010 日本コンピュータ化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top