ジオシンセティックスシンポジウム発表論文集
Online ISSN : 1884-3719
Print ISSN : 1344-3496
液状化性地盤におけるジオシンセティックス補強盛土の設計法の提案とその課題
福田 直三藤井 照久田尻 宣夫
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 12 巻 p. 113-122

詳細
抄録

軟弱な砂地盤の液状化対策工法の一つとして、ジオシンセティックス工法における盛土補強効果の検討のために、振動台実験、すべり安定解析、二次元地震応答解析などが行われてきた。これらの検討より、盛士内に敷設されたジオシンセティックスの引張補強効果によって、盛士の壊滅的な破壊をある程度抑制できること、盛土の機能を確保することが期待できること、復旧を容易とすることが可能となることなどがわかった。
これらの結果を踏まえ、円形すべり面法を用いた盛土のジオシンセティックス補強工法に関する耐震設計法を提案した。次に、これをモデル地盤に適用した結果、有効応力法では必要補強材量が多くなり、全応力法では必要補強材量が少なくなる傾向があることを示した。最後に、補強材に発生する張力分布による変形モードや、他の液状化対策工法との組み合わせなどの今後の設計上の課題について述べた。

著者関連情報
© 国際ジオシンセティックス学会日本支部
前の記事 次の記事
feedback
Top