脳神経外科ジャーナル
Online ISSN : 2187-3100
Print ISSN : 0917-950X
ISSN-L : 0917-950X
特集 機能外科
痙縮に対する各種の治療
—適応とその限界—
貴島 晴彦押野 悟
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 26 巻 4 号 p. 273-279

詳細
抄録

 痙縮は脳神経外科医がしばしば遭遇する神経症状である. 最近では末梢神経縮小術, バクロフェン髄腔内投与 (ITB) 療法, ボツリヌストキシン (BTX) 治療, 選択的後根切除術などが用いられるようになっている. バクロフェンは脊髄レベルで痙性緩和させる. 一方, BTXは神経筋接合部で作用する. 限局された部位での痙性改善を目指す場合はBTXが用いられ, より広範囲の痙性改善を目的とする場合にはITB療法が選択される. ITB療法やBTX治療とも痙性改善に有効な治療法であるが, リハビリテーションなどを併用することでその効果を高めることができる. いずれも可逆的な治療方法であり, 日常生活動作や痙性の変化を見据えながら適切に治療する必要がある.

著者関連情報
© 2017 日本脳神経外科コングレス
前の記事 次の記事
feedback
Top