日本大腸肛門病学会雑誌
Online ISSN : 1882-9619
Print ISSN : 0047-1801
ISSN-L : 0047-1801
特集 主題 II:クローン病の治療のアップデート
IV.Crohn病腸管病変に対する外科治療
舟山 裕士高橋 賢一福島 浩平小川 仁羽根田 祥渡辺 和宏鈴木 秀幸佐々木 巖
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 63 巻 10 号 p. 875-880

詳細
抄録

Crohn病に対する外科治療の原則は,健常部をできるだけ温存する病変部の切除である.また,線維性狭窄に対しては各種の狭窄形成術が行われ,病変に応じて消化管の可及的な温存が可能である.ストーマ造設はプアリスク症例や排便機能障害例において適応となる.術後の寛解維持療法については,6~12カ月ごとの内視鏡検査により軽度の病変では5-ASAを,中等度~高度病変に対しては免疫調節薬を加え,さらにInfliximabを用いるアルゴリズムが欧米では提唱されているが,本邦においては,これに成分栄養剤を加えたより丁寧な寛解維持療法が行われている.

著者関連情報
© 2010 日本大腸肛門病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top