Zairyo-to-Kankyo
Online ISSN : 1881-9664
Print ISSN : 0917-0480
ISSN-L : 0917-0480
論文
ガンマ線照射を模擬した非照射の湿度制御環境での炭素鋼の腐食モニタリング
大森 惇志味戸 沙耶阿部 博志端 邦樹佐藤 智徳加治 芳行井上 博之田口 光正清藤 一多田 英司鈴木 俊一秋山 英二
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 70 巻 11 号 p. 358-364

詳細
抄録

ガンマ線照射による水のラジオリシスで生成する酸化剤が炭素鋼の気相中の腐食に及ぼす効果を評価するため,オゾンを模擬酸化剤として50℃の湿度制御下に導入し,ACMセンサとRCMセンサの2種の腐食センサにより腐食モニタリングした.腐食速度は相対湿度とオゾン濃度とともに増加した.オゾンによる腐食促進効果は,オゾンの還元反応が容易あるいは水への溶解反応が速く,カソード反応を促進したことによると考えられる.

著者関連情報
© 2021 公益社団法人 腐食防食学会
前の記事 次の記事
feedback
Top