Zairyo-to-Kankyo
Online ISSN : 1881-9664
Print ISSN : 0917-0480
ISSN-L : 0917-0480
最新号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
展望
解説特集 腐食電気化学測定法講座
論文-第64回材料と環境討論会 講演大会論文-
論文
  • 西田 修司, 石井 知洋, 藤澤 光幸, 杉原 玲子
    2018 年 67 巻 8 号 p. 336-345
    発行日: 2018/08/15
    公開日: 2019/03/20
    ジャーナル 認証あり

    大気環境におけるステンレス鋼の発銹は,主に結露に起因する.しかしながら,発銹を招く結露液滴の生成および乾燥挙動については不明な点が多い.そこで本研究では,その場観察手法を用いてこれらの挙動について詳細に調査した.

    結露の進行は,液滴の成長と合一からなることを確認した.これらの挙動により,1液滴に含まれる海水成分の溶質量は増大することとなる.

    また,結露液滴の乾燥は,接触角が減少するpinning段階,接触面積が減少するde-pinning段階,そして,再度接触角が減少するself-pinning段階の3段階にて進行した.self-pinning段階において,液滴からは塩が析出し,析出塩の直下および近傍にてステンレス鋼板は発銹した.

    このような結露液滴の生成および乾燥挙動が,多数の微小な点銹が均一に分布するステンレス鋼の発銹形態の発現に寄与しているものと考えられる.

総合論文
エラータ
feedback
Top