日本作物学会紀事
Online ISSN : 1349-0990
Print ISSN : 0011-1848
品種・遺伝資源
圃場栽培した中生・晩生熟期日本陸稲品種の根系発達程度と耐干性との関係
平山 正賢根本 博平澤 秀雄
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 76 巻 2 号 p. 245-252

詳細
抄録

畑圃場で栽培した中生及び晩生の日本陸稲8品種と水稲1品種を用いて, 6年にわたり成熟期の根系の発達程度を調査し, 深根性が耐干性に及ぼす影響を明らかにすると共に, 中晩生品種群における深根性程度の基準品種を設定した. 根系の発達程度の観察には発掘法, モノリス法, コアサンプリング法の3種類の方法を用いた. 1994年~1996年は発掘法により土壌層位毎に根数と根の太さを達観で観察し, 根系の最深到達深度を計測した. 1996年はモノリス法により根を採取し, 層位毎に根長と根の乾物重を測定した. 1998年, 2001年, 2002年はコアサンプリング法により根を採取し, 層位毎に根の乾物重を測定した. 調査期間を通して, 耐干性程度の異なる中生・晩生熟期の日本陸稲品種では, 根系の発達程度に品種間差が認められた. 特に30 cmより深い層の根量は大きな品種間差が認められた. ゆめのはたもちなど耐干性が強い品種は30 cmより深い層の根量が安定して多いの対し, ミズハタモチなど耐干性が弱い品種は根量が少なかった. よって, 耐干性の強弱と深根性との間には明らかな関連があることが圃場条件で実証された. 今回の調査結果から, 中生・晩生熟期の日本陸稲品種における深根性の基準品種として, 深根性ゆめのはたもち, やや深根性陸稲農林糯26号, やや浅根性ミズハタモチを設定した. また, 根系の調査法として, コアサンプリング法による土壌深層の根量, モノリス法による土壌深層の根量及び発掘法により直接観察した根の深さとの間にはそれぞれ正の相関関係が認められ, コアサンプリング法が簡易かつ信頼性のある根系採取法として実用的であると考えられた.

著者関連情報
© 2007 日本作物学会
前の記事 次の記事
feedback
Top