日本歯科医学教育学会雑誌
Online ISSN : 2433-1651
Print ISSN : 0914-5133
原著
診療参加型歯科臨床実習におけるweb公開型電子ポートフォリオの開発と運用
小田 陽平小野 和宏藤井 規孝小林 正治前田 健康
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 33 巻 2 号 p. 65-73

詳細
抄録

抄録 近年, 歯学部・歯科大学では技能教育の改善が求められ, 診療参加型臨床実習の実践が推奨されている. 本学では以前より, 学生が直接歯科医療行為に参加する臨床実習を実施しているが, その学習成果, すなわち, 現実的な状況で知識や技術を使いこなせる統合的な能力としての 「臨床能力」 を, いかにして直接評価すべきか対応に苦慮してきた. また, 学生が実際の診療の中でどのようなことを感じ, 学習し, どのような指導を受けたか, という学習過程そのものが, 必ずしも整理された形で実体化されていないという問題点があった. そこで, 臨床能力を評価するためのルーブリックを定め, 学生の臨床能力を客観性のある到達レベルとして把握するとともに, 日々の臨床実習での学習活動を記載するポートフォリオと組み合わせて運用することにより, 臨床実習で行っている教育そのものを経時的に記録・評価し, 実体化するという発想にいたった. このような背景から電子ポートフォリオの開発と運用を開始したが, 学生・教員の受け入れはスムースであった. 臨床実習が進むにつれ, ポートフォリオに記載された教員による学生の評価は向上しており, 経験を積むことによる学生の臨床能力向上が反映されたものと推察された. 以上のことから, 臨床実習における電子ポートフォリオの導入は, 学生自身の振り返りや教員の学生指導にとって有用であると考えられた.

著者関連情報
© 2017 日本歯科医学教育学会
次の記事
feedback
Top