環境化学
Online ISSN : 1882-5818
Print ISSN : 0917-2408
ベッドスペース・クライオフォーカス・GC/MS法の条件検討と, 水中揮発性有機化合物54物質のHenry定数の測定
近藤 秀治中嶋 敏秋
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 7 巻 1 号 p. 81-89

詳細
抄録

ヘッドスペース・クライオフォーカス・ガスクロマトグラフィー質量分析法による水環境中の54VOCsについて, 分析条件を検討した。
検出限界 (MDL) は, 0.005~0.035μg/lの範囲であった。河川水を用いた添加回収実験では, ほとんどの物質で90%以上の回収率が得られた。
GossettらのEPICS法を用いて54VOCsのHenry's constantsを25.4℃から60℃の範囲で測定した結果, 0.014~1.339の範囲の無次元のHenry's constants (Hc) が測定された。この測定精度は, 低いHenry's constants (例えば, Hc<0.1) では悪くなる傾向であった。
イオン強度が見掛けのHenry's constantsに与える影響を評価するため, 無水硫酸ナトリウムをゼロから2.82mol/lの間で使用した結果, 0.097~0.216l/mol (60℃) の範囲で塩析係数 (k) が得られた。

著者関連情報
© 日本環境化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top