日本家政学会誌
Online ISSN : 1882-0352
Print ISSN : 0913-5227
ISSN-L : 0913-5227
資料
英国・北アイルランドにおける家庭科教育の現状
表 真
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 70 巻 1 号 p. 33-41

詳細
抄録

 英国, 北アイルランド中等教育学校における家庭科教育について明らかにするために, 北アイルランドの統一カリキュラムを調査, また, 2017年1月に中等教育学校を訪問し, 授業見学, および家庭科教師への聞き取り調査を行った結果, 以下の知見を得た.

1) 北アイルランドにおける家庭科は, イングランドおよびウェールズにおけるデザインとテクノロジーとは異なる形で, 8~10年生を対象とした前期中等教育において, 学習分野「生活と仕事」の1教科として, 男女生徒に必修で教えられていた.

2) 「生活と仕事」には, 「個人の発達」「地域・国際的市民教育」「職能」「家庭科」の4教科が含まれ, 家庭科は「健康的な食事」「家庭と家族の生活」「自立した生活」の3主要概念から構成されていた.

3) 家庭科は後期中等教育の修了資格取得, および職業教育のための選択教科としても位置付けられていた.

4) 授業時間数など授業計画の作成は, 学校の裁量に任されていた. 訪問したベルファストとその近郊に位置する3校の中等教育学校では, 各校の実情に応じた異なるタイプの家庭科の授業が行われていた.

 北アイルランドの家庭科は, アイルランド共和国に近い形で実施されていた. 両国の教育的背景が同一であることによるものと考えられる. また, 統一カリキュラムが提示されているものの, 授業構築に関しては学校の裁量が大きく, 対象児童に応じた特徴ある授業が工夫されていた.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 日本家政学会
前の記事 次の記事
feedback
Top