日本家政学会誌
Online ISSN : 1882-0352
Print ISSN : 0913-5227
縞柄衣服のみかけの長さと印象
高森 壽
著者情報
ジャーナル フリー

1994 年 45 巻 1 号 p. 47-53

詳細
抄録

5種類 (黄の縦縞, 青の縦縞, 黄の横縞, 青の横縞および灰の無地) のワンピースドレスの実物を試料として縦縞・横縞が衣服の図柄として用いられた場合, その錯視現象が着用時のみかけの長さや印象に与える影響について検討することを目的として, 一対比較法による実験およびS.D.法による印象調査を実施した.
実験結果より, 前中心線においては横縞より縦縞の方が縦に長く, 乳頭間, 胴囲線および腰囲線においては縦縞よりも横縞の方が横に長く見えることが明らかになった.印象調査による結果は, 図の方向に影響をうけているのは, 「全体的に細く見える-全体的に太く見える」, 「すっきりした-やぼったい」の2項目で, 横縞より縦縞の方が“全体的に細く見える”, “すっきりした”と評価され, この結果は映像を用いた他の研究結果とも同じであった.一方, 地の色に影響を受けているのは, 「派手な-地味二な」, 「静的な-動的な」, 「重々しい-軽快な」, 「冷たい-暖かい」の4項目で, 青よりも黄の方が, “派手な”, “動的な”, “軽快な”, “暖かい”と評価され, 色のもつ感情がワンピースドレスの印象に影響を及ぼしていた.しかし, 他の評価用語については, この2要因がどのように関連しているのかは明らかにならなかった.
因子分析の結果, 縞柄ワンピースドレスの印象は活動性, 評価の因子で表され, 「灰無地」は地味な, 重々しい, 静的な, 一般的な, 冷たい, 硬い, 平面的な, 「黄の縦縞」は派手な, 軽快な, 動的な, 個性的な,暖かい, 柔らかい, 立体的な, 「青の縦縞」はすっきりした, センスのある, 好きな, 全体的に細く見える, 上品な, 「黄の縦縞」はやぼったい, センスのない, 嫌いな, 全体的に太く見える, 下品な, の印象で表されたが, 「青の横縞」は印象がはっきりしなかった.
試料として, ワンピースドレスの実物を用いた場合のみかけの長さおよび印象に影響を及ぼす要因 (たとえば図の方向や太さ, 縞の配色等), みかけの長さと印象との関連, さらに, 試料として映像等を用いた場合との比較については今後研究を積み重ねていく必要があると考える.

著者関連情報
© 社団法人日本家政学会
前の記事 次の記事
feedback
Top