耳鼻と臨床
Online ISSN : 2185-1034
Print ISSN : 0447-7227
ISSN-L : 0447-7227
症例報告
同種造血幹細胞移植後の浸潤性副鼻腔アスペルギルス症に対し、拡大手術とともに眼球摘出を行い救命し得た1例
木村 翔 一岡部(藤) 翠吉田 周郎澤津橋 基広山本 陵太西山 和郎野田 哲平衛藤 徹也玉江 昭裕
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 64 巻 5 号 p. 163-169

詳細
抄録

同種造血幹細胞移植後に出現した浸潤性副鼻腔真菌症に対して、眼球摘出により救命し得た症例を経験した。抗真菌薬の薬物治療および眼球摘出を行わない副鼻腔手術のみでは感染がコントロールできず、3 回目の手術で眼球を摘出した。重度の免疫不全状態を伴う浸潤性副鼻腔真菌症に対してはより積極的な手術が必要で、経過次第で眼窩内に病変が及ぶ場合は病勢のコントロールのために眼球摘出も選択肢に挙げるべきと考えられた。

著者関連情報
© 2018 耳鼻と臨床会
次の記事
feedback
Top