腸内細菌学雑誌
Online ISSN : 1349-8363
Print ISSN : 1343-0882
ISSN-L : 1343-0882
総 説
漢方薬の薬効には腸内細菌が関与する
服部 征雄
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 26 巻 3 号 p. 159-169

詳細
抄録

漢方薬は経口的に用いられるため,ヒト消化管内で腸内嫌気性菌によって代謝を受ける.特に配糖体は消化管上部では吸収されにくく,大腸まで輸送され,そこで代謝され薬効を現す例が多い.本総説では最近の腸内細菌によるanthraquinone化合物の瀉下活性物質への変換,C-配糖体やO-配糖体の開裂に関する研究報告に焦点をあて,最後に腸内細菌による主な漢方薬成分の代謝に関する研究一覧を示す.

著者関連情報
© 2012 (公財)日本ビフィズス菌センター
次の記事
feedback
Top