腸内細菌学雑誌
Online ISSN : 1349-8363
Print ISSN : 1343-0882
ISSN-L : 1343-0882
最新号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
総 説<特集:腸内菌叢はコントロールできるか?>
  • 中村 公則, 菊池 摩仁, 綾部 時芳
    2019 年 33 巻 3 号 p. 129-135
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/07/29
    ジャーナル フリー

    抗菌ペプチドは,ヒトを含む多細胞生物において殺微生物活性を持つ自然免疫の主要な作用因子であり,その生体防御における重要性は広く認識されている.腸上皮細胞は広大な表面積を構成し,たえず病原体および食物を含む外部環境や常在する腸内細菌に暴露されている.腸上皮細胞の1系統である Paneth細胞は抗菌ペプチド・αディフェンシンを分泌し,病原体の排除と常在菌との共生により腸管自然免疫を担っている.このPaneth細胞αディフェンシンは病原菌を強く殺菌する一方,常在菌にはほとんど殺菌活性を示さない特徴を持つことから,生体において腸内細菌叢の制御を介して腸内環境の恒常性維持に重要な役割を果たすと考えられる.近年,腸内細菌叢の構成異常 “dysbiosis”と,炎症性腸疾患および肥満や動脈硬化などの生活習慣病や癌など様々な疾病との関係が報告されてきているが,いまだその詳細なメカニズムは不明である.抗菌ペプチドα-ディフェンシンの腸内細菌叢制御メカニズムを理解することは,腸内細菌叢と疾病との関連解明に重要な役割を果たすと考えられる.

総 説<第22回腸内細菌学会 シンポジウム「宇宙と微生物」基調講演>
  • 太田 敏子
    2019 年 33 巻 3 号 p. 137-143
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/07/29
    ジャーナル フリー

    人間は1 Gで進化した高等生物である.その人間が0 Gの宇宙環境に曝されると,とりわけヒトには大きな生理的変化が生じる.その変化はどのようなものか,その対応はどうしたらよいのか,これまでに蓄積されてきた知見を紹介する.宇宙環境で起きる人体の生理的変化は,加齢と同じような現象(起立性低血圧,骨量減少,筋萎縮,心肺機能低下,免疫低下など)が急速に進むという特徴をもつ.これらのメカニズムの解明は,地上の高齢者の医療に対する新たな治療法の開発に貢献する.さらに,宇宙生活の概略を説明し,各種の宇宙技術は地上の社会生活に大きく寄与していることを紹介する.

feedback
Top