日本心臓血管外科学会雑誌
Online ISSN : 1883-4108
Print ISSN : 0285-1474
ISSN-L : 0285-1474
復腹膜アプローチにて人工血管置換術を行った破裂性腹部大動脈瘤の3例
宇塚 武司深田 穣治森下 清文川原田 修義光島 隆二田畑 哲寿安倍 十三夫
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 31 巻 2 号 p. 160-162

詳細
抄録

腹部大動脈瘤(AAA)手術におけるアプローチ法として,後腹膜法は開腹に伴う合併症をさけるという利点をもつため,待機手術例では頻繁に用いられている.これに対し,破裂例ではその緊急性から経腹法が一般的である.しかし緊急性が高い症例ではCT検査のみで手術に臨まねばならないことが多く,動脈瘤周囲の血腫や瘤自体の形態により動脈瘤中枢端の情報を得にくいことがある.そのような症例において開腹法で安全に中枢側遮断を行えるかの判断は難しい.また破裂例で開腹した場合,循環不全と機械的傷害により術後腸管傷害を併発しやすい.今回,緊急度の高い,2例の高齢者を含む破裂性AAA3例に対して後腹膜法を用いて手術を行い,良好な結果を得たので報告する.

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本心臓血管外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top