発達心理学研究
Online ISSN : 2187-9346
Print ISSN : 0915-9029
原著
自閉症児・知的障害児における文字への注視を促す支援教材に関する視線分析研究
大隅 順子松村 京子
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 24 巻 3 号 p. 318-325

詳細
抄録

本研究は,知的障害特別支援学校で学ぶ中学生を対象に,教材中の文字部分を注視させる際の支援方法として,特別支援学校の現場で一般的に使用されている,文字を指し示す指示棒,アンダーライン,音声を用いたときの効果の違いについて明らかにした。自閉症児23名,知的障害児12名に対して,文字部分への視線停留時間,視線停留回数,最初の視線停留継続時間をアイトラッカーを用いて測定した。文字部分への注視の支援に指示棒やアンダーラインを用いたときに,視線停留時間,視線停留回数,最初の視線停留継続時間での主効果が有意であり,効果が認められた。音声を用いたときには,そのまま文字部分に視線を停留させる効果は認められなかった。今回の支援教材に関してはいずれも教材中の挿絵の影響はなかった。本研究の結果は指示棒やアンダーラインを使って見るべき箇所に視線を誘導する支援教材が有効であることを示唆している。いずれの方法も障害による効果の差はみられなかった。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本発達心理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top