実験社会心理学研究
展望論文
存在脅威管理理論の足跡と展望―文化内差・文化間差を組み込んだ包括的な理論化に向けて―
脇本 竜太郎
著者情報
ジャーナル フリー

44 巻 (2005) 2 号 p. 165-179

詳細
PDFをダウンロード (531K) 発行機関連絡先
抄録

人間の社会的行動は,自尊心への欲求から説明されることが多かった。しかしながら,その自尊心への欲求自体が,“なぜ”人間にとって重要なのかは実証的に検討されてこなかった。この“なぜ自尊心の欲求が重要なのか”という問に存在脅威(死の不可避性の認識に基づく脅威)の緩衝という観点から答え,人間の社会的行動を包括的に説明する枠組みたるべくして登場したのが存在脅威管理理論である。本稿では,まず存在脅威管理理論の概要について紹介する。次に,既存の研究を概観し,存在脅威管理理論がもたらした成果と,個々の社会的行動の実証的検討における課題について述べる。最後に,近年報告されている存在脅威管理方略の差異に関する知見を紹介し,そのような文化内・文化間差を存在脅威管理理論がいかに捉え,組み込んでいくべきかについて展望を述べる。

著者関連情報
© 2005 日本グループ・ダイナミックス学会
前の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 2017年10月 『実験社会心理学研究』が変わりました

    1)論文カテゴリ “Short Note” を新設しました
    2)掲載決定論文は可能な限り速やかに電子ジャーナルで早期公開します
    3)投稿時に「チェックリスト」を提出していただきます
    4)電子付録の活用を勧奨します

    詳しくはこちらをご覧下さい.

feedback
Top