実験社会心理学研究
Online ISSN : 1348-6276
Print ISSN : 0387-7973
資料論文
日常的コミュニケーションから予測する潜在的援助者のコスト
竹ヶ原 靖子安保 英勇
著者情報
ジャーナル フリー

57 巻 (2017-2018) 2 号 p. 136-146

詳細
PDFをダウンロード (371K) 発行機関連絡先
抄録

援助要請者は,援助要請の際に,自身のコストだけでなく,潜在的援助者のコストにも注目していることが示されているが,援助要請者が何から潜在的援助者のコストを予測するのかについてはあまり検討されていない。そこで,本研究では援助要請者と潜在的援助者の二者間におけるコミュニケーション・パターンに着目し,それが援助要請者の潜在的援助者コスト予測と援助要請意図に与える影響を検討した。大学生の同性友人ペア15組にそれぞれ10分間の日常会話をさせた後,潜在的援助者のコストを予測し,自身の援助要請意図について回答させた。その結果,相補的コミュニケーション(↑↓)と潜在的援助者の憂うつな感情との間に負の相関,相称的・競争的なコミュニケーション(↑↑)と援助要請意図の間には負の関連が示されるなど,日常会話におけるコミュニケーション・パターンと潜在的援助者のコスト予測,援助要請意図との間にいくつか有意な関連が示された。このことから,日常場面におけるコミュニケーションは,援助要請者が潜在的援助者のコストを予測する手がかりのひとつであることが示唆された。

著者関連情報
© 2018 日本グループ・ダイナミックス学会
前の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 電子ジャーナルでカラー図版に対応します

    実社心研は紙媒体とJ-STAGEから提供しているPDFの2つで刊行していますが,これまでいずれもカラー図版に対応していませんでした.著者最終稿としてカラー図版が提供された場合も,グレースケールにして掲載していました.これは,紙媒体だとカラー印刷のコストが大きいことによるものですが,電子ジャーナルであればそのコストはかなり小さくなります.そこで,著者のご希望に応じて,電子ジャーナルについてはカラー図版に対応することにしました(紙媒体は今後もグレースケール化します).ただし,対応には実費(現状で図版1点につき800円(税抜))がかかりますので,これは著者にご負担いただきたく存じます.
    執筆・投稿規程の最後にある「内規」に,「電子ジャーナルにおいては,論文中の図表をカラーで掲載することができる。ただし,希望する場合は当該論文の著者が実費を学会に支払うこととする。」という事項を付け加えたので,ご確認下さい.
  • 2017年10月 『実験社会心理学研究』が変わりました

    1)論文カテゴリ “Short Note” を新設しました
    2)掲載決定論文は可能な限り速やかに電子ジャーナルで早期公開します
    3)投稿時に「チェックリスト」を提出していただきます
    4)電子付録の活用を勧奨します

    詳しくはこちらをご覧下さい.

feedback
Top