音声言語医学
原著
80歳以上で人工内耳手術を受けた症例の検討
野波 尚子河野 淳冨澤 文子芥野 由美子鮎澤 詠美南雲 麻衣西山 信宏河口 幸江白井 杏湖鈴木 衞齋藤 友介池谷 淳
著者情報
ジャーナル フリー

55 巻 (2014) 4 号 p. 320-325

詳細
PDFをダウンロード (344K) 発行機関連絡先
抄録

当科にて80歳以上で人工内耳植込術を施行した4症例の術前から術後の経過を追い,人工内耳装用に伴うQOL改善点や問題点の検討を行った.術後の装用閾値や聴取能は全症例で改善が見られた.術前に比し,活動範囲の拡大や積極性の向上など心理面の変化があり,QOL改善につながったと考えられた.しかし,4症例ともに,ADLに大きな支障はなかったが,機器の管理・操作や異常時の対応などの問題点が挙げられた.対処方法としては,機器管理や操作方法の工夫,術前の十分なインフォームドコンセント,同居者や関係者への協力依頼,異常時の連絡手段の確保などが考えられた.

著者関連情報
© 2014 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top