日本鳥学会誌
Online ISSN : 1881-9710
Print ISSN : 0913-400X
ISSN-L : 0913-400X
短報
愛知県西三河地域で繁殖したハチクマが巣に搬入した餌動物
-CCDカメラによる季節変化の記録-
井上 学坂本 泰隆竹内 美江永井 敏和西村 泰典柳澤 紀夫
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 63 巻 2 号 p. 323-328

詳細
抄録

ハチクマの巣への搬入餌動物を常時観察するために,前年に繁殖が確認されたハチクマ1つがいの巣の直上にCCDカメラを設置した.搬入餌動物の変化を見ると,求愛期から抱卵期には,餌を巣にほとんど搬入しないこと,育雛期のハチクマの主要な搬入餌動物はハチ類とカエル類であることがわかった.育雛期に主に搬入するハチ類について,雄はスズメバチ属が多かったが,雌はクロスズメバチ属が多かった.

著者関連情報
© 2014 日本鳥学会
前の記事 次の記事
feedback
Top