薬学教育
Online ISSN : 2433-4774
Print ISSN : 2432-4124
ISSN-L : 2433-4774
誌上シンポジウム:事前学習・実務実習のアウトカムを測る
病院実習で行うパフォーマンス評価
鈴木 小夜中村 智徳
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 2 巻

詳細
抄録

慶應義塾大学では,2019年度から開始される改訂版・薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習に向けた取り組みの一環としてパフォーマンス評価のためのルーブリックを作成し,慶應義塾大学病院にて評価トライアルを実施している.2016年度の2回のトライアルから「負担が大きい」,「ルーブリックの内容が漠然としている」などの問題点が挙がった.わかりやすいルーブリックに工夫・改善し,評価回数を減らし,薬剤部全職員対象に説明会を実施した上で2017年度に3回目のトライアルを行った結果,評価者の負担感はSBOs評価とルーブリック評価で変わりなく,ルーブリックの方が適切に,客観的に課題遂行能力を評価できるとの評価者の意見であった.ルーブリックによる実務実習パフォーマンス評価は可能と考えられるが,わかりやすいルーブリックの作成,スタッフへの周知徹底と意識統一が重要である.

著者関連情報
© 2018 日本薬学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top