薬学教育
Online ISSN : 2433-4774
Print ISSN : 2432-4124
ISSN-L : 2433-4774
誌上シンポジウム:事前学習・実務実習のアウトカムを測る
事前学習と実務実習の総合的評価の確立に向けて
~卒業時における臨床能力の質保証のために~
小森 浩二安原 智久曾根 知道河野 武幸
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 2 巻

詳細
抄録

改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムでは医療人としての一般的なパフォーマンスを,事前学習により模擬的な体験で,実務実習により多くの実症例を実体験することで修得することが求められている.そして大学は,学生が修得する「実践的な臨床対応能力」を総合的に評価することが求められている.これまで摂南大学は,①自ら問題点を発見する,②問題点を多角的に捉える,③解決策を考え実行する,④チームで協働する,⑤患者の視点を考慮できる倫理観などの能力に基づくアウトカムを設定し,アウトカムへの到達を評価するアドバンストOSCEを構築している.今回,事前学習後及び実務実習後に実施した結果を報告する.

2016年度に実務実習を終了した学生171名のパフォーマンスを,ルーブリックを用いて評価した.事前学習後に比べ有意に向上し,臨床対応能力の醸成が確認できた.特に「医療従事者にふさわしい倫理観と使命感」の向上が際立った.

著者関連情報
© 2018 日本薬学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top