日本農村医学会雑誌
Online ISSN : 1349-7421
Print ISSN : 0468-2513
ISSN-L : 0468-2513
短報
EBER PNAプローブを用いたEBウイルス検出方法の利便性の向上と診断への応用について
若松 真理住吉 尚之横井 智彦千田 美歩船橋 真紀福山 隆一
著者情報
キーワード: EBER, In situ hybridization, PCR
ジャーナル フリー

2016 年 64 巻 5 号 p. 882-885

詳細
抄録

 一般病院の検査室において実施可能にする事を目的として, 市販のFITC標識されたEBER PNAプローブ (ダコ社) を用いるin situ hybridization法のプロトコールを改変し, 利便性を向上した。改変法の精度確認にPCR法によるEBウイルスゲノムの検出を行なった。また, 3つの型の感染態度を知るためにLatent membrane protein-1の免疫染色も行なった。当院のEBウイルス感染を疑う症例55例, および陰性コントロール8例を対象として, 今回の改変法の有用性を検証したところ, 病理診断を確定するための良好なEBウイルス検出が可能であった。

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本農村医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top