日本農村医学会雑誌
Online ISSN : 1349-7421
Print ISSN : 0468-2513
ISSN-L : 0468-2513
最新号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
第67回日本農村医学会総会特集
学会長講演
  • 羽田 明
    2019 年 67 巻 6 号 p. 631-635
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/12
    ジャーナル フリー
      The incredible speed at which research into the human genome has recently progressed has led to the widespread use of genomic data in clinical settings. The day will soon come when clinical practice that fails to utilize patients' genomic data will be considered outdated and will pose a high risk of legal action. In this lecture, I discuss several topics: 1.the progress of human genomic research, 2. Homo sapiens as just one of the many species on Earth; 3. the clinical applications of genomic research findings, with Kawasaki disease as an example;and 4.the current state of genomic research and its future prospects.
      Medical researchers and doctors have long dreamed of a day when health care services based on each individual's genomic data will be a reality;this is usually referred to as “madeto-order medicine,” “tailor-made medicine,” “personalized medicine,” and most recently, “precision medicine.” Thanks to the recent rapid development of genomic analysis,such as next-generation sequencing,as well as that of statistical analysis methods, it has been said that individual genomic data were available at a cost as low as$1,000 in 2014.
      Our planet is 4.6 billion years old, and life began 3.8 billion years ago. Since then,the Earth has witnessed the evolution of prokaryotic and eukaryotic unicellular organisms, followed by multicellular organisms, photosynthetic plants, the Cambrian explosion of marine life, and the emergence of land-dwelling creatures. Our mammalian ancestors appeared during the age of the dinosaurs, which suffered a mass extinction due to a dramatic change in climate caused by an asteroid impact. The small dinosaurs that survived evolved into today's birds while the mammals of that era evolved to successfully occupy a diverse array of ecological niches. The human family appeared about 2.5 million years ago in Africa. Archaic humans, such as Homo neanderthalensis, lived among our Homo sapiens ancestors, who appeared about 200,000 years ago. Now we know that 21%of the human genome has genes in common with prokaryotes and other eukaryotes. The difference between our genome and that of the gorilla and the chimpanzee is only 2% and 1%, respectively. Among Homo sapiens, the difference between any two individuals is only 0.2%, which manifests as differences in skin color, disease susceptibility, and other traits.
      Kawasaki disease was identified by Dr.Tomisaku Kawasaki, who reported his findings in 1967. Since then, vigorous efforts have been made to identify the cause of the disease, but so far, nothing specific has been found. We therefore took a genome-based approach and identified several genes responsible for the development of Kawasaki disease. Because some of the identified genes are thought to participate in the Ca2+-NFAT signal transduction pathway, we hypothesized that cyclosporine A, which is known as a suppressor of this pathway, might be useful in the treatment of the disease. We performed an investigator-initiated clinical trial and confirmed our hypothesis. This was one of the first clinical applications based on human genome research.
      Now, there are several large-scale genome-based projects, such as the UK Biobank, that are open to any researcher who would like to make use of their resources. They also contain clinical information and patient data, such as socioeconomic status, and educational background. With these kinds of resources at our disposal, we can expect great accomplishments in the not-too-distant future.
特別講演1
特別講演2
教育講演
金井賞受賞講演
シンポジウム1
シンポジウム2
シンポジウム3
原著
  • 石田 翔二, 米山 俊之, 紺野 寿, 藤本 まゆ, 稲垣 瞳, 大谷 清孝
    2019 年 67 巻 6 号 p. 669-677
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/12
    ジャーナル フリー
     日帰り食物経口負荷試験(oral food challenge:OFC)に対する保護者の認識に関する検討が少ないため検討した。2015年4月から2016年5月に,外泊OFCの経験のある日帰りOFCを施行した患児の保護者に,日帰りOFC施行時に調査票を配布し,外泊OFCと日帰りOFCに関する意識調査を行ない検討した。除外対象は他院OFC経験者,および無効回答とした。日帰りOFC施行者は164人で除外対象を考慮した検討対象は全体で112人であり,また調査票の有効回答率は68%(112人)であった。外泊OFCの悪い点のうち,「翌日の来院」が全体で74%(83人)で最多であり,「夜間が不安」の12%(13人),「翌日の相談・質問ができる」の1%(1人)および「観察時間が長い」の12%(13人)より有意に多かった(各々p<0.01)。日帰りOFCの良い点では,「翌日の来院がない」が全体で87%(97人)で最多であり,「夜間が安心」の29%(33人),「翌日に仕事などに行けない」の38%(43人),および「観察時間が短い」の12%(13人)より有意に多かった(各々p<0.01)。日帰りの悪い点では,「夜間が不安」が全体で45%(50人)で最多であり,「翌日の来院がない」,の25%(28人),「翌日に仕事へ行かなくて済む」の24%(27人)および「観察時間が短い」の23%(26人)より有意に多かった(各々p<0.01)。OFCの希望は全体では外泊OFCの7%(8%)より日帰りOFCの78%(87人)の方が有意に多かった(p<0.01)。保護者は翌日の受診がないことから日帰りOFCをより希望していたが,当日の夜間に不安を感じる人が多い。
研究報告
  • 田口 圭祐, 秋葉 靖雄, 水戸 裕二朗
    2019 年 67 巻 6 号 p. 678-682
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/12
    ジャーナル フリー
     経腟分娩を希望する多胎妊娠の患者には少なからず遭遇する。しかし,経腟分娩を安全に遂行できる基準について,一定の見解は見当たらない。そこで今回我々は過去7年間の当院の双胎妊娠症例を,試験経腟分娩群と予定帝王切開群に分類した上で,分娩時の母体および新生児合併症について後方視的に検討し,両群間の安全性を比較・検討したので報告する。2009年1月~2015年12月の7年間に当院で分娩した双胎妊娠159例のうち,一絨毛膜二羊膜性双胎45例,母体または胎児合併症のため緊急帝王切開を施行した40例を除く74例を対象とした。予定帝王切開群は56例(76%),試験経腟分娩施行群は18例(24%)であった。試験経腟分娩の成功例は11例,不成功例は7例であったが,両群の母体背景として,経産数以外での年齢・身長・BMI・在胎週数には有意差を認めなかった。新生児予後としては,先進児・後続児それぞれにおいて,出生体重・臍帯動脈血pH・Apgarスコア・気管挿管症例数・新生児死亡数にも有意差を認めなかった。初産婦より経産婦の経膣分娩成功率が高い結果となった。特に経産婦においては頭位―非頭位であっても経膣分娩は全て成功した。経腟分娩成功・不成功例の新生児予後の比較でも,有意差を認めなかった。双胎妊娠の経腟分娩において成功・不成功例を問わず,児の合併症の発生数を増加させなかった。
  • 立松 愛子, 樋口 昌哉, 古市 千奈里, 左右田 昌彦, 中尾 心人, 村松 秀樹
    2019 年 67 巻 6 号 p. 683-687
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/12
    ジャーナル フリー
     咳嗽は,呼吸器症状の受診契機で頻度が高く,近年は持続する咳を訴えての受診増加が指摘されている。気道の呼気中一酸化窒素(FeNO)検査は,気道の好酸球性炎症を反映し,喘息の診断や治療管理に有用と報告されている。そこで,咳嗽患者におけるFeNO検査の有用性について検討した。当院呼吸器内科を受診し,咳嗽を主訴に認めFeNO検査を施行した症例を対象とし,喘息と診断された群(以下,喘息群)199例と喘息と診断されなかった群(以下,非喘息群)156例の2群に分けて検討した。それらの中で更にアレルギー性鼻炎やアトピー素因を併発している症例(以下,交絡因子症例)喘息群17例,非喘息群18例を抽出した。交絡因子を除いた症例および交絡因子症例においても,喘息群・非喘息群間の比較検討を行なった。全体の比較ではFeNO濃度の中央値は,喘息群31ppb,非喘息群19ppbで有意差を認めた(p<0.05)。また,交絡因子症例を除いた中央値は喘息群31ppb,非喘息群18ppbで有意差を認めたが(p<0.05),交絡因子症例のみの中央値は喘息群46ppb,非喘息群23ppbで有意差は認めなかった(p=0.072)。喘息群と非喘息群を鑑別するカットオフ値は,27ppbで感度0.603,特異度0.776であった。交絡因子を持たない症例においてFeNO検査は,咳嗽患者の鑑別診断に有用な検査と思われた。
症例報告
  • 山内 郁乃, 森本 信二, 塚田 貴史, 松岡 竜也, 船崎 俊也, 鎌形 美那, 寺本 有里, 光井 潤一郎, 松田 充弘, 塗師 由紀子 ...
    2019 年 67 巻 6 号 p. 688-693
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/12
    ジャーナル フリー
     症例は40歳代後半の2経産婦。強固な癒着のある卵巣内膜症性嚢胞に対する腹腔鏡下右付属器摘出術の5年後に月経随伴性の右腰背部痛が出現。造影CT,DIP,RPで右水腎水尿管と下部尿管の狭窄が指摘された。尿細胞診で子宮内膜細胞が検出され,遺残内膜症の再燃による尿管内膜症と診断した。右尿管へのステント留置とdienogestによる黄体ホルモン療法を開始後すみやかに症状は軽快し,投与24か月の時点で経過良好である。
feedback
Top