日本臨床外科学会雑誌
Online ISSN : 1882-5133
Print ISSN : 1345-2843
ISSN-L : 1345-2843
症例
Upside down stomachを伴う食道裂孔ヘルニアに併発した進行胃癌の1例
小南 裕明川崎 健太郎田中 賢一金治 新悟藤野 泰宏富永 正寛
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 73 巻 12 号 p. 3129-3134

詳細
抄録

症例は87歳女性で食欲不振,全身倦怠感を主訴に近医を受診し胃癌を強く疑われた.胸部X線写真で心陰影に一致して胃泡が確認され,上部消化管透視検査で噴門から幽門まで胃全体が後縦隔に逸脱しupside down stomachを呈していた.上部消化管内視鏡検査では胃角から前庭部にかけて潰瘍性病変が認められ,生検で低分化型腺癌が検出された.Upside down stomachに併発した進行胃癌の診断で開腹幽門側胃切除+食道裂孔ヘルニア嚢切除術を行った.再建はRoux-en-Y法で行われ,残胃を横隔膜脚に縫合固定して胃の胸腔内への再嵌頓を予防した.最終病理組織診断はpT4apN3aM0,INFb,ly3,v2,Stage IIICだった.術後経過は良好で,逆流症状は認められていない.Upside down stomachを伴う胃癌に対しては症例ごとに再建方法や逆流防止手技の適応を検討する必要があると考えられた.

著者関連情報
© 2012 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top