日本臨床外科学会雑誌
Online ISSN : 1882-5133
Print ISSN : 1345-2843
ISSN-L : 1345-2843
症例
膵頭十二指腸切除術後に発症した肝梗塞の1例
山崎 哲資保谷 芳行古川 良幸佐々木 達海矢永 勝彦
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 73 巻 12 号 p. 3231-3234

詳細
抄録

症例は35歳,男性.便秘による腹部膨満を主訴に近医を受診したが,腹部膨満が強く精査加療目的で当院紹介となる.来院時,身体所見で眼球結膜黄染,腹部膨満を認めた.既往歴は特になし.入院後の精査で膵頭部癌と診断し,膵頭十二指腸切除術を施行し,Child変法で再建した.
病理所見はpoorly differentiated tubular adenocarcinomaで一部紡錐形細胞を認めた.病期はT4N1M0でstage IVaと診断した.
術後1日目に血液生化学検査で,AST 1,303IU/l ALT 2,110IU/lと著明な上昇を認めた.造影CT検査を施行し,動脈相より門脈相でlow density areaが確認できることより肝梗塞と診断した.原因はリトラクターやテーピングによる血流障害が考えられ,PGE1製剤・蛋白分解酵素阻害剤・抗生剤投与を行い軽快退院した.

著者関連情報
© 2012 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top