日本臨床外科学会雑誌
Online ISSN : 1882-5133
Print ISSN : 1345-2843
ISSN-L : 1345-2843
症例
アミロイドーシスによる脾出血の1例
吉田 枝里吉原 秀一大石 晋奈良 昌樹舘岡 博袴田 健一諸橋 聡子
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 73 巻 12 号 p. 3277-3281

詳細
抄録

症例は54歳男性で平成22年7月無石胆嚢炎として腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行.その際,肝の腫大と脆弱性を指摘され,摘出された胆嚢にはアミロイドの沈着が認められた.術後出血を認め,CTでは肝の腫大と脾臓の被膜下出血を疑われたが症状なく,経過観察とした.同年9月突然の腹痛,貧血認め受診.脾臓破裂による出血にて緊急手術を施行した.開腹時,腹腔内に出血と腫大した脾臓を認め,さらに脾臓の被膜の一部は破綻し実質内の出血も認められた.肝は黄色調で硬く触れた.術後の病理検査にて肝,脾にアミロイドの沈着が認められた.当症例は術後急速にアミロイドーシスの進行が疑われ,さらに肉眼的所見にてアミロイドーシスの進行を考察することのできた1例であったため若干の文献的考察を加えて報告する.

著者関連情報
© 2012 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top