日本臨床外科学会雑誌
症例
腰椎圧迫骨折と小腸穿孔を併発したシートベルト症候群の1例
高橋 真治呉屋 朝幸
著者情報
ジャーナル フリー

76 巻 (2015) 8 号 p. 2081-2086

詳細
PDFをダウンロード (1156K) 発行機関連絡先
抄録

シートベルト症候群は,交通事故の際にシートベルトによって腹部が強く圧迫されることにより発症し,腰椎骨折と小腸損傷などの腹腔内臓器損傷が同時に引き起こされることがある.外傷性小腸穿孔は診断が難しく開腹を決定するのに時間が掛かることがあるが,腰椎骨折を合併している場合は高率に腹腔内臓器損傷が合併することが知られている.そのため,腹部所見や画像検査所見で開腹が必要な所見が得られなくても,腰椎骨折を認めた場合は積極的に腹腔内臓器損傷を疑い,開腹のタイミングを逃さないことが重要である.

著者関連情報
© 2015 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top