全日本鍼灸学会雑誌
Online ISSN : 1882-661X
Print ISSN : 0285-9955
ISSN-L : 0285-9955
小児気管支喘息患者における良導絡測定
吉備 登塚本 祐壮
著者情報
ジャーナル フリー

1983 年 33 巻 2 号 p. 212-219

詳細
抄録

小児気管支喘息患者を対象に, 中谷の良導絡測定法を用いて良導絡興抑頻度パターンより患児の鍼灸医学的特牲を観察するために, 推計学的な検討を加えた。その結果, 男女間や測定月間では有意な差はなく, 各年齢層においては特性のあるパターンがみられた。小学生患児においてはアレルギー性疾患家族歴, IgE値, アトピー性皮膚炎の有無では差はなく, 発作の有無や重症度では若干の差を認めた。同年齢のほぼ同じ条件で測定された, いわゆる健康小児との比較においては, 多くの良導絡に有意差が認められたが, なかでも, F3 (腎経と相似) の抑制の頻度が最も多かったことに我々は注目している。今後, 臨床面に応用しながら, その経過を観察していきたいと考える。

著者関連情報
© 公益社団法人 全日本鍼灸学会
前の記事
feedback
Top