全日本鍼灸学会雑誌
Online ISSN : 1882-661X
Print ISSN : 0285-9955
ISSN-L : 0285-9955
低周波磁気鍼療法のリハビリテーション医学への応用
角田 忠男窪田 俊夫森 和大野 正博
著者情報
ジャーナル フリー

1983 年 33 巻 2 号 p. 207-211

詳細
抄録

リハビリテーションプログラムの実行を妨げる難治性疼痛及び筋トーヌス亢進に対して低周波磁気鍼療法を施行した。評価方法として脳波, マイクロバイブレーションの測定, 痛み愁訴の調査, R. O. M. 測定を行なったところ, 通電刺激後では脳波α帯域の増大, M. V. のθ帯域の減少とα帯域の増大, 痛み愁訴の減少, R. O. M. 増大等の傾向を示した。又, M. V. による筋トーヌスの評価では筋トーヌス亢進の程度により異なったパターンを示し, リハ医学上頻繁に用いられる持続的伸長法においてα帯域を中心に著明なパワーの減少がみられた。このことにより, 低周波磁気鍼療法は痛みに対して有効であり, 又M. V. は筋トーヌスの評価に応用できる可能性があることがわかった。

著者関連情報
© 公益社団法人 全日本鍼灸学会
前の記事 次の記事
feedback
Top