日本臨床麻酔学会誌
Online ISSN : 1349-9149
Print ISSN : 0285-4945
ISSN-L : 0285-4945
日本臨床麻酔学会第38回大会 シンポジウム ─臨床研究法にどう対応するか─
研究倫理審査委員会非医療系委員の立場から
鵜飼 万貴子
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 39 巻 4 号 p. 433-437

詳細
抄録

特定臨床研究においては,臨床研究法の施行により,従前の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」よりも,より厳格な審査が要求されることになった.他方で,臨床研究法は施行されて日も浅く,蓄積された件数も少ない上,厚生労働省作成の同法についてのQ&Aも非常にシンプルであるため,その解釈・運用には迷うことも多い.したがって,その解釈は手探りにならざるを得ないが,従前の臨床研究でも問題となり,引き続き臨床研究法の下でも問題となり得る点や,臨床研究法で固有に考えられる問題点について,非医療系委員の立場から考察してみたい.

著者関連情報
© 2019 日本臨床麻酔学会
前の記事 次の記事
feedback
Top