水文・水資源学会誌
Online ISSN : 1349-2853
Print ISSN : 0915-1389
ISSN-L : 0915-1389
総説
最前線の水文・水資源学
〜WACCA世代の挑戦〜
田中 智大渡部 哲史小槻 峻司林 義晃丸谷 靖幸峠 嘉哉山崎 大木村 匡臣田上 雅浩江草 智弘橋本 雅和仲吉 信人
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 31 巻 6 号 p. 509-540

詳細
抄録

 水文・水資源学会創立30周年を記念し,本学会に所属する12人の若手研究者が取り組む水文・水資源学の研究分野の歴史と展望を取りまとめた.本総説では, 現在の若手研究者の研究内容を示すことで水文・水資源学分野の現在のトレンドを理解し,次世代が参照できる形で現在の若手研究者の考える今後の展望と若手研究者としての今後の決意表明を各著者の専門分野に分けて述べる.対象分野は大気・水象から,データ解析,降雨流出,環境水文,農業水利まで多岐にわたり,各研究分野の最新の知見および今後の展望を解説する.最後に,これら複数の研究内容を俯瞰することで得られた応用研究の学術的価値,現地観測と数値解析の関係,人工知能技術の台頭による制御問題の拡大,学際性,研究内容による評価の違い,データ共有の重要性に関する視点をまとめる.

著者関連情報
© 2018 Japan Society of Hydrology and Water Resources
前の記事 次の記事
feedback
Top