日本東洋医学系物理療法学会誌
Online ISSN : 2434-5644
Print ISSN : 2187-5316
原 著
統合医療システムの中でのあん摩マッサージ指圧療法の有用性と課題
- 筑波技術大学東西医学統合医療センター あん摩・マッサージ・指圧外来統計からの考察 -
福島 正也成島 朋美周防 佐知江緒方 昭広
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 41 巻 2 号 p. 65-72

詳細
抄録

【目的】筑波技術大学保健科学部附属東西医学統合医療センター施術部門に新設された、あん摩・マッサージ・指圧外来(以下、マッサージ外来)の外来統計を元に、統合医療システムの中での自由診療によるあん摩マッサージ指圧療法の有用性と課題について考察した。 【方法】2015年4月から2016年3月までの12ヶ月間にマッサージ外来を受療した患者について、外来動態および患者特性に関する項目の調査を行った。 【主な結果と考察】1)患者数が増加していたことから、統合医療システムの中でのあん摩マッサージ指圧療法には、他の治療法とは異なる一定のニーズがあると考えられた。 2)鍼灸治療やリハビリテーションとの併用例がそれぞれ3割前後みられたことから、他の療法とあん摩マッサージ指圧療法の併用は、多様な患者ニーズへの対応や相乗的な治療効果が期待されるものと考えられた。 3)患者の傷病名および主訴の分析から、高齢者の運動器系疾患および脳血管障害後遺症において、あん摩マッサージ指圧療法の需要が高いと考えられた。 4)マッサージ外来運営上の課題として、人的コストが上がりやすい点が挙げられた。 5)医療ニーズや医療システムの変化に伴い、医療の中でのあん摩マッサージ指圧療法の有用性を再評価する必要があると考えられた。

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本東洋医学系物理療法学会
前の記事 次の記事
feedback
Top