静脈経腸栄養
Online ISSN : 1881-3623
Print ISSN : 1344-4980
ISSN-L : 1344-4980
特集 : 「外来・入院・在宅」における栄養管理をどう継続させるか
地域における栄養管理の継続における現状と問題点
岡田 晋吾目黒 英二貝塚 博史石津 順子
著者情報
キーワード: 胃瘻, 地域一体型NST, NST外来
ジャーナル フリー

2005 年 20 巻 1 号 p. 1_27-1_32

詳細
抄録

包括払い制度 (DPC) の導入などわが国の医療をめぐるさまざまな環境の変化は病院だけでなく在宅医療の現場にも影響を及ぼしてきている。この変化は増え続ける医療費抑制など経済的な面を期待されてのことであろうが、この機会を捕らえて自分達が今まで行ってきた医療を見直し、より患者中心の医療に変えていこうとする動きも認められる。その一つにクリニカルパス、NSTなどのチーム医療が挙げられる。これらのチーム医療は各施設で大きな効果をもたらしているが、病院の機能分化に伴う役割分担や平均在院日数短縮などの動きを考えると、チーム医療は病院など一つの施設内だけでなく地域全体で行うチーム医療を推進していかないと患者中心の医療とはいえなくなる。栄養管理は平均在院日数が14日前後の急性期病院で完結することはほとんどなく、転院先や在宅医療との連携がとても重要と思われる。ここでは胃瘻に関するネットワーク作りなど栄養管理における地域連携の必要性を述べる。

著者関連情報
© 2005 日本静脈経腸栄養学会
前の記事 次の記事
feedback
Top