日本小児外科学会雑誌
Online ISSN : 2187-4247
Print ISSN : 0288-609X
ISSN-L : 0288-609X
大動脈縮窄を合併した完全型心内膜床欠損症に対し二期的手術を行った Down 症の一例
川村 幸平高梨 吉則桜川 浩鈴木 直人塩野 則次堀越 淳徳弘 圭一吉原 克則小松 壽
著者情報
ジャーナル フリー

1994 年 30 巻 4 号 p. 732-737

詳細
抄録

患者は Down 症の女児で, 生後2ヵ月時体重増加不良と心不全症状のため心臓カテーテル検査を施行した. 完全型心内膜床欠損症 (complete-form ECD) を合併した大動脈縮窄複合 (CoAcomplex) の診断であった. 3ヵ月時に subclavian flap aortoplasty (SFA)法とpulmonary artery banding (PAB) を施行した. 12ヵ月時に体外循環下に心内修復術を施行した. 共通前尖は非分業で Rastelli type C で two patch 法により修復した. 左右の房室弁の逆流はほとんど認めなかったため, 房室弁の縫合は行わなかった. 術後経過は良好で complete-form ECD を伴った CoA complex に対する二期的手術は安全な一方法と考えられた.

著者関連情報
© 1994 特定非営利活動法人 日本小児外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top