日本緑化工学会誌
Online ISSN : 1884-3670
Print ISSN : 0916-7439
技術報告
エチゼンクラゲ類を利用した緑化資材の開発
稲本 亮平田中 健一竹波 信宏松本 淳一土居 幹治藤島 哲郎河野 修一江崎 次夫全 槿雨
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 39 巻 1 号 p. 162-165

詳細
抄録

エチゼンクラゲや食用クラゲなどのクラゲ類を脱塩・乾燥しチップ化したクラゲチップは,自重の約 8 倍の水を吸収するという保水性に優れ,保水機能の低下後は微生物などによって分解され,化学肥料並みの窒素含有量を含むなど肥料効果が認められる。さらに製材の際にでるオガクズも分解のやや遅い有機質の保水材として着目し,この両者の保水性と遅効性の肥料効果を活かして種子吹付工の資材に組み込んだ有機緑化資材を開発した。林道切取りのり面での半年間の実験の結果,植生の発芽や生育状況が無施用区に対して,有意な差を示し,その有効性が確認された。今後,周辺環境に対する負荷の少ない有機質のり面緑化用資材としての活用が期待できる。

著者関連情報
© 日本緑化工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top