スポーツ社会学研究
Online ISSN : 2185-8691
Print ISSN : 0919-2751
ISSN-L : 0919-2751
原著論文
生活者としての障害者とスポーツ
後藤 貴浩
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 18 巻 2 号 p. 67-78

詳細
抄録

 本研究の目的は、生活者としての障害者とスポーツの関係について明らかにすることである。第一に、生活構造分析を用いて障害者とスポーツの関係について全体像を明らかにする。第二に、ライフヒストリー分析を手掛かりに、地域生活における障害者とスポーツとの出会いについて具体的な知見を得ることとする。
 生活構造分析の結果、以下の点が明らかになった。
 1)障害者は階層的に下層に位置し、移動性が低かった。また、健常者と同様「私化・同調」の傾向にあった。
 2)スポーツを実践している障害者は、障害者全体の中では、上層に位置し、移動性が高かった。 また、公共化の志向が強い傾向にあった。 ライフコース分析の結果、以下の点が明らかになった。
 1)生活構造分析で明らかになった障害者のスポーツ実践に関わる「階層性」「移動性」「公共性」の影響が確認された。
 2)障害者とスポーツの出会いに関して、「主体の行為力の差異」「偶発的な出来事」「現実的な生活レベルでの人間関係の存在」の3 つのカテゴリーが生成された。
 障害者の階層性や移動性の状態は、「社会的位置」を示すものであり、それがスポーツ実践における「主体の行為力の差異」として現れる。さらに、主体の行為力が実践へと結び付く際には、スポーツに関する外部の「偶発的な出来事」のタイミングに反応することが必要である。一方で、日々の暮らしの中で「現実的な生活レベルでの人間関係の存在」が、障害者とスポーツの出会いを基礎づけていることが示唆された。

著者関連情報
© 2010 日本スポーツ社会学会
前の記事
feedback
Top