日本地すべり学会誌
Online ISSN : 1882-0034
Print ISSN : 1348-3986
ISSN-L : 1348-3986
研究ノート
岩盤すべりにおける定常運動から崩壊に至る加速を表現する質点系ダンパーモデル
濱崎 英作丸井 英明池田 浩二山邉 康晴古谷 元石川 晴和
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 56 巻 2 号 p. 69-76

詳細
抄録

 質点系ダンパーモデル (LMDM) は, すべり面を有する地すべりの移動速度 (1次~2次クリープ段階) を予測するモデルで, 不連続面に沿った岩盤のすべり運動も含まれる。但し, 現行LMDMでは地すべり移動速度が増加し3次クリープに入る当たりから, 実変位量との乖離が生じてしまう。そこで, これを解決するために, 速度上昇の際のすべり粘土の摩擦係数φ低下, もしくは粘性抵抗係数Cd低下を考慮したモデルを作成した。この結果, 最終滑落段階までの地すべり変位を予測することができることが分かった。ここでは, この手法について解説すると共にその物理的意味について考察する。さらに補助的に用いたタンクモデルについても報告するものである。

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本地すべり学会
前の記事 次の記事
feedback
Top