MACRO REVIEW
Online ISSN : 1884-2496
Print ISSN : 0915-0560
ISSN-L : 0915-0560
研究ノート
宮崎県綾町錦原台地周辺の水環境における硝酸態窒素濃度の分布と季節変動
戸敷 浩介黒木 まなみ近藤 友大西 和盛
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 32 巻 2 号 p. 74-79

詳細
抄録

 環境にやさしい農業として,有機農業が注目されている。有機農業では,化成肥料や農薬を使わず,家畜ふん尿堆肥や有機質肥料を施用しているが,これらは土壌中で分解されて硝酸イオンになり,作物が吸収しなかった分の多くは地下へと溶脱する。硝酸態窒素は,水環境における富栄養化の原因物質であり,飲料水中では乳幼児のメトヘモグロビン血症のリスクもある。本研究では,有機農業が盛んな宮崎県綾町錦原台地の周辺における環境水を10カ所選定して2週間に1度採水し,その硝酸態窒素濃度を測定した。その結果,10カ所の内1ヵ所のみ,特に4月頃からは10 mg/Lを超える濃度で安定していた。しかし,現在のところ綾町錦原台地周辺の水環境については,湧水の飲用に関して注意しておけば十分と考えられる。

著者関連情報
© 2020 日本マクロエンジニアリング学会
前の記事
feedback
Top