J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

自然言語処理
Vol. 22 (2015) No. 5 p. 363-395

記事言語:

http://doi.org/10.5715/jnlp.22.363

論文

ソーシャルメディアサービスの普及により,人々や社会の状況を調査する新しいアプローチが開拓された.ひとつの応用事例として,ソーシャルメディアの投稿から疾患・症状の流行を検出する公衆衛生サーベイランスがある.本研究では,自然言語処理技術を応用して,ソーシャルメディアの投稿から風邪やインフルエンザなどの罹患を検出するタスクに取り組んだ.最先端のシステムのエラー分析を通じて,事実性解析と主体解析という重要かつ一般性のあるサブタスクを見い出した.本研究では,これらのサブタスクへの取り組みを行い,罹患検出タスクへの貢献を実証した.

Copyright © 2015 一般社団法人 言語処理学会

記事ツール

この記事を共有