日本神経回路学会誌
Online ISSN : 1883-0455
Print ISSN : 1340-766X
解説
特異モデルとベイズ学習
渡辺 澄夫
著者情報
ジャーナル フリー

10 巻 (2003) 4 号 p. 211-219

詳細
PDFをダウンロード (941K) 発行機関連絡先
抄録

人工的神経回路網に代表される多くの確率的推論モデルは, フィッシャー情報行列が特異となるパラメータを持つため, 統計的正則モデルではないことが知られている. 現在でも, その学習の数学的な性質の多くは謎のままであるが, 近年の研究の進展により, ベイズ学習については多くの事実が解明されるようになってきた. 本論では, 特異モデルにおけるベイズ学習について, 数学的な美しさと実世界問題における有用性を解説する.

著者関連情報
© 2003 日本神経回路学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top