原子力バックエンド研究
Online ISSN : 2186-7135
Print ISSN : 1884-7579
ISSN-L : 1343-4446
技術報告
深地層を対象とした力学的調査の現状
-複数の手法を用いた初期応力測定について-
佐藤 稔紀松井 裕哉杉原 弘造
著者情報
キーワード: 初期応力, 測定手法
ジャーナル フリー

1998 年 4 巻 2 号 p. 83-89

詳細
抄録

  東濃鉱山の軟岩と釜石鉱山の硬岩を対象として,測定手法の適用性を検討するために,複数の手法を用いて初期応力測定を実施した. その結果,東濃鉱山および釜石鉱山における初期応力状態が明らかになるとともに,既存の初期応力測定手法の適用性の検討結果から多くの知見が得られた. 初期応力の測定は,単一の手法により行われる場合が多いが,各手法とも評価を行うための仮説があり,それを満たすか否かは測定位置の岩盤状況によって異なるため,複数の手法で初期応力の測定を実施し,各手法の特徴や測点配置を考慮するとともに,地形やプレート運動から推定される広域の応力場との比較を通じて,それらの結果を総合的に検討することにより三次元初期応力を評価することが望ましいと言える.

著者関連情報
© 1998 一般社団法人日本原子力学会 バックエンド部会
前の記事
feedback
Top