原子力バックエンド研究
Online ISSN : 2186-7135
Print ISSN : 1884-7579
ISSN-L : 1343-4446
研究論文
ウラニルイオンとカルボン酸の相互作用
津島 悟鈴木 篤之
著者情報
ジャーナル フリー

2003 年 9 巻 2 号 p. 103-108

詳細
抄録

 B3LYPハイブリッド密度汎関数法を用いて, ウラニルイオンといくつかのカルボン酸の相互作用について調べた. まず, ウラニルシュウ酸1:3錯体についていくつかの初期構造を考えて構造最適化計算を行った結果, エネルギー的に近い構造がいくつか安定に存在することが明らかにされた. 次に, ウラニルイオンとギ酸イオンおよび酢酸イオンとの相互作用について調べた. ウラニルイオンと両カルボン酸の相互作用は, ウラニルイオンの最低空軌道(LUMO)とカルボン酸の最高被占軌道(HOMO)の相互作用に基づくものと考えられ, その結果, ウランに対してギ酸は単座配位を, 酢酸は二座配位を取るものと考えられる.

著者関連情報
© 2003 社団法人日本原子力学会 バックエンド部会
次の記事
feedback
Top