情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
連載
学術情報流通システムの改革を目指して 国立大学図書館協会における取り組み
尾城 孝一星野 雅英
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 53 巻 1 号 p. 3-11

詳細
抄録

近年,大学図書館は,学術雑誌の恒常的な価格上昇と電子化に対応するために,コンソーシアムによる電子ジャーナル契約を進めてきた。ビッグディールと呼ばれる包括的な契約によって,大学における学術雑誌へのアクセス環境は劇的に向上したが,同時にいくつかの問題も浮かび上がってきている。本稿では,学術雑誌の価格上昇の実態とそれによって引き起こされたシリアルズ・クライシスについて俯瞰する。続いて,国立大学図書館協会の電子ジャーナル契約コンソーシアムの活動の成果とその限界について論じる。最後に,商業出版社に過度に依存した現在の学術情報流通システムの抜本的な見直しに向けた取り組みについて触れる。

著者関連情報
© Japan Science and Technology Agency 2010
前の記事 次の記事
feedback
Top