労働安全衛生研究
Online ISSN : 1883-678X
Print ISSN : 1882-6822
ISSN-L : 1882-6822
原著論文
安全弁の作動に伴う液体噴出時の静電気測定
山隈 瑞樹水谷 高彰山内 章清水 康雄
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 6 巻 2 号 p. 49-57

詳細
抄録

化学反応容器の安全弁が作動したときに,引火性液体の噴出によって生じる静電気が爆発性混合気に着火する可能性を検討するために,多種の液体を用いて実験を行った.その結果,帯電量に対して,容器の内圧と安全弁作動圧の差,気液混合の状態,導管の有効長,液温,液体に含まれる粉体の濃度と粒径,安全弁のサイズなどが顕著な影響を及ぼすことを明らかとした.とりわけ,非導電性液体に粉体が含まれると,液体だけの場合と比較にならないほどの大量の電荷が発生した.また,テトラヒドロフランは比較的大きな電荷を発生するとともに場合よっては非常に大きな電荷を生じることが示唆された.本実験で得られた電荷量であっても着火性ブラシ放電を生じる程度の空間電荷雲が形成される可能があり,現場ではブラシ放電対策を施すことが望ましい.

著者関連情報
© 2013 独立行政法人 労働安全衛生総合研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top