土木計画学研究・論文集
Online ISSN : 1884-8303
Print ISSN : 0913-4034
煙害警報システムのための森林火災モデルの開発
塚井 誠人M. N. B. JAAFAR小林 潔司
著者情報
キーワード: 空間ハザード関数
ジャーナル フリー

2008 年 25 巻 p. 147-154

詳細
抄録

インドネシアのカリマンタン島, スマトラ島では, 乾期に大規模な森林火災が起こると, 周辺諸国に広がる煙害につながるため, 煙害予測・警報システムによってその影響を最小限に食い止める必要がある. 本研究は, 筆者らが既往研究において開発してきた実用的な煙害予測・警報システムのサブモデルとして, スマトラ島の森林火災規模を予測できる統計モデルの開発を目的とする. 具体的には, 出火地点周辺の時間的・空間的な特性を考慮した生存関数モデルを提案した. 実データに基づいてモデルの適用可能性を検証したところ, 森林火災継続モデルの精度は良好である一方, 森林火災発生モデルの精度は不十分であり, 改良が必要なことが明らかとなった.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top