薬学図書館
Online ISSN : 2186-070X
Print ISSN : 0386-2062
シラバス型パスファインダー作成の試み
眞喜志 まり
著者情報
ジャーナル フリー

53 巻 (2008) 4 号 p. 329-335

詳細
PDFをダウンロード (4077K) 発行機関連絡先
抄録

館種・分野を問わず提供されるようになってきたパスファインダーを「図書館側から積極的に利用者ヘアプローチし, パスファインダー活用の機会を増やせないか」と考え, 大学のシラバスに沿って, 指定書や授業の内容に関連した資料を紹介するシラバス型パスファインダーの作成を試みた。シラバス型パスファインダーには(1)より利用者ニーズを捉えた蔵書構築が可能となり利用者サービスの向上につながる, (2)教員とのコミュニケーション(連携)が深まるというメリットがある。現段階では, まだ改良すべき点を含んでいるが, 今後より発展させることで, 知識と情報資源と利用者, 図書館・図書館員をつなぐパスツールとしての可能性を秘めている。

著者関連情報
© 日本薬学図書館協議会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top