理学療法の臨床と研究
Online ISSN : 2188-3041
Print ISSN : 1880-070X
ISSN-L : 1880-070X
原著論文
「ストレッチソックス」を応用した膝関節屈曲セルフストレッチングの効果
福井 一輝浦辺 幸夫前田 慶明小宮 諒森川 将徳横山 宗治
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 30 巻 p. 69-72

詳細
抄録

目的:本研究は、セルフエクササイズ補助具であるストレッチソックスを大腿四頭筋のストレッチングに応用した際の効果を明らかにすることを目的に実施した。 方法:健常成人男性7名を対象とした。課題動作は腹臥位でストレッチソックスを用い、膝関節90°屈曲位から最大屈曲位まで動かす運動とした。これを30 bpmで2分間実施し、介入前後に最大膝関節屈曲角度(°)、外側広筋の筋硬度を測定した。 介入前後の各測定項目の比較に、対応のあるt検定を用いた。 結果:最大膝関節屈曲角度は、介入前126.8±4.3°、介入後129.8±4.5°となり有意に増加していた(p<0.01)。外側広筋の筋硬度は、介入前35.0±3.0、介入後30.0±2.6であり有意な低下を認めた(p<0.05)。 結論:ストレッチソックスを用いた膝屈曲運動は、腹臥位で簡便に実施可能であり、大腿四頭筋のストレッチング効果が得られることが示された。

著者関連情報

This article is licensed under a Creative Commons [Attribution 4.0 International] license.
https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/
前の記事 次の記事
feedback
Top