不安症研究
Online ISSN : 2188-7586
Print ISSN : 2188-7578
総説
社交不安症における心理的ストレッサーに対するコルチゾール反応—メタ分析による検討—
前田 駿太増田 悠斗佐藤 友哉嶋田 洋徳
著者情報
ジャーナル フリー

8 巻 (2016) 1 号 p. 46-57

詳細
PDFをダウンロード (749K) 発行機関連絡先
抄録

本研究の目的は,社交不安症における心理的ストレッサーに対するコルチゾール反応についてメタ分析を用いて検討することであった。文献検索の結果,社交不安症の診断基準を満たす者と健常者の間で心理的ストレッサーに対するコルチゾール反応を比較している9報の文献が抽出された(社交不安症群:N=265;健常群:N=199)。そして,ベースライン期,ストレス期(ストレス負荷後25分まで),回復期(ストレス負荷後25分経過以降)の3つの時期それぞれにおいて,社交不安症群と健常群のコルチゾール値の差分値に基づく効果量を算出した。メタ分析の結果,いずれの時期においても社交不安症群は健常群よりも高いコルチゾール値を示すことが明らかになった。このことから,社交不安症においては直接的なストレッサーの呈示に対してのみならず,ストレッサー呈示前後の認知的処理によってもコルチゾール反応が亢進していることが示唆された。

著者関連情報
© 2016, Japanese Society of Anxiety Disorder
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

不安障害研究

feedback
Top