自動車技術会論文集
Online ISSN : 1883-0811
Print ISSN : 0287-8321
ISSN-L : 0287-8321
研究論文
ディーゼルエンジン燃焼計算の実用研究
-化学反応計算による着火遅れの予測-
北田 泰造口田 征人林 伸治川添 博光酒井 康行安東 弘光
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 45 巻 6 号 p. 933-938

詳細
抄録

ディーゼル燃焼計算コードを開発してエンジン開発で利用しているが,低負荷で少量のパイロットやプレ噴射を行なう場合に着火遅れを精度良く予測できない欠点があった.そこで,現用の簡易計算を化学反応計算に改めた.本報では,化学反応計算の概要,簡易計算を化学反応計算の着火遅れの相違から得られた知見について示す.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 自動車技術会
前の記事 次の記事
feedback
Top